** たあーちゃんの 「わたい ブランド」 (ベスト)**
たあーちゃんの 「メモ帳」
  ゆうべは枕をたかくして、バッタンキューとゆっくり寝ました。
日曜日に妙高高原から帰ってきてから、ずっとパソコンの前に
座っては、 この二日間の皆の様子をレポートに描いていました。

この仲間で、私は毎年ずうっとこのお役目が担当です。 18のときに
学生で知り合った 西宮にある 関西学院大学の ESSのクラブの同期の
仲間たちです。 その仲間が去年と今年は還暦になった年なので、
還暦記念のバスの旅でした。
たあーちゃんの 「メモ帳」

40年以上の時間を共有しているので、いまや、そうです、家族愛なのです。 いろんな人生を兄弟、姉妹達のように身近で眺めて、共有しては、
こうして一年にいちど、東京方面からも、四国からも、ハワイからも、ニュージャージからも、上海からも、かっては、ミラノ、香港からも・・・って。
みんなこの会によせる、学生じだいからの思いがあって、私のつたない、 ひびちんレポートを楽しみに待ってくれている(と信じてるから)から、 
忘れないうちに必死で書き上げて、やっと昨夜かきおえたので、つぎの担当の人にパソコンで送ったのでした。
帰るときには皆川柳、俳句に思いを表現して、それも全部まとめるのです。あ〜、よかった。 全部まとめて、 ほっとした!! のです。

つぎに、彼はそれを、まとめて、数百枚のデジカメ写真もいれて・・・一枚のCDに編集して、それを 同学年の仲間60数名に送ります。
みーんなパソコンをもっていないと見れないから・・・。 前は写真を焼き増ししたり、このレポートを印刷コピーで、やっていたから、大変
だったのです。でもそのころからもみんなとっても協力しあって、やってきたのです。 時代はITになり、私たちも 還暦なのに、
先端技術に遅れをとらないで、頑張ってるでしょう? とっても誇らしくも、めでたい、やんちゃな、涙もろーい仲間たちなのです。

その還暦記念で、私のドラッグ絵で、KGの時計台の絵を胸にいれた 赤いちゃんちゃんこならぬ、真っ赤なベストを上海の
刺繍をいれて一人の仲間が作ってくれました。前のジッパータグには www,ta-chan,com の文字までいれて
くださって、首のうしろには KGESS41会の文字もはいって、去年のトレーナーより、一段とグレードアップ でした。

それに 便乗して、別企画で、たーちゃんドラッグ絵の姫だるま と、 クリスマスキャロルの絵の分も わたしのために
創ってくださったのです。 色は 赤とグレイです。 仲良しみんなに福分けしたーい!! と思ったからでした。

この仲間には、ひとりバンジョーボーイがいます。彼のそのバンジョーのテクニックもただものじゃないのです。
その彼が、ことしもバンジョーとギターをもって、やってきました。プロ級の技の本格的カントリーウェスタンミュージックを聴かせてくれるし、
皆で昔の グッドオールドタイムソングズを 彼のリードで唄うのです。この音楽ってとっても仲間を繋ぐ絶大の効果力があるよね。

いまや、60のおっさん、おばさんが可愛いこころで、グッドナイトアイリーン、モリ−ダーリン、500マイルズなど、唄うのです。 なんせ、
孫までいるのに・・・。自分達の息子や娘たちに気色悪がられています。ようやるなあ・・負けるわ! って (-_-メ) (>_<) (^_-)  (^o^)丿

どうして妙高まで行ったかというと、私の姉、まこちゃんの次男がそこのホテルの支配人をしているからでした。 食事がとっても
美味しいのです。 その話をしたら、今年の幹事長が、去年、(おう!来年はそこに決めたで!)って鶴の一声でした。
優しいのでした。 雨がふったら、どないしよう・・・と思っていたら、妙高はとっても優しく、美しくみんなを迎えてくれました。
翌日から大雨になったよ、と聞いて、良かったなあ・・と感謝しました。

それにその行き帰りのバスの中では、もうみんなが、なんの説明もいらない、自分達の全人格、悲しみ、喜びを丸抱かえで、
うけいれあいっこしてくれる仲間達だからそりゃあ・・・おもいっきり唄える上手なプロ歌手もいるし、下手くそならそのほうがまたみんなを
喜ばせるし、楽しい、和気藹々のカラオケタイムと、心正直な 感動するナイストークもあって・・・。
だれ一人疎外感をかんじないで、 いごこちのいいバスの旅でした。

東京組と別れる時に・・・「徹・・・今度こそ、お前、心入れ替えて真面目にやれよ!」「分かった。 おまえも早よう 病気(脳の病の意!)直せよ。」 って。

そばで・・・ぷ〜っと笑って吹きだしたわ。 思い出したわ。いつもこんなん言うてたな〜〜。
30年ぶりくらいに会った二人なのに、学生時代の友人って・・・すう〜っとこんな愉快なジョークがでるのだわ。 嬉しかったでしょ。お二人とも♪
聞いていたわたしも・・・・・。 (来年まで、げんきでな・・・)  そういう意味だったよね。

歳をとるって、みんなだんだん、鎧 兜もとれて・・・素敵に輝いたいい仲間になったなあって・・・感謝いっぱいです。

フレンドシップばんざ〜い (^o^)丿

こんな御宝のようなフレンドシップをさずかって。

みんなお互いの家族の理解のおかげさまだから・・・。私も、主人の、でっかい包容力の賜物だったから・・・。 主人に心から感謝しています。 


手さげバッグ
ベスト
財布
ポシェット