ご あ い さ つ
パソコン買ってすぐの時に、88歳の母が股関節を骨折して、緊急入院したのです。 その様子を遠くに住む姉妹に連絡するべく、メールで詳しく報告したいなと思いました。私たちは仲良し四人姉妹です。 みんなパソコンをもっていて、メールのやりとりがあったのです。私だけが、おくれていたのです。
そのうちに、なにか挿絵もほしいなと思うようになったときに、仲良しの美香ちゃんから、かわいい絵を貼り付けたメールが届いたのでした。  好奇心いっぱいだった私はすぐにノートパソコン持参で美香ちゃんにこんな絵はどうして描くのかと教えてもらいに行ったのでした。
プログラムのなかに附属ではいっているペイントを使って、マウスをドラッグして描く事を教わりました。なんだかとってもむつかしいのだけれども、 それだからよけいにチャレンジごころが湧いて、必死で描きたくなって・・・たのしいおもちゃを与えて貰った子供のような気分になって、夢中で描き始めました。  初めて描いたのが2000年、4月1日の桜咲いたなの絵でした。マウスをドラッグさせて工夫しながら、 こんどはもっと上手に描いてみたいとおもいました。それから、いつのまにか数十枚描いたころに、古くからの友人が (こんな絵をメールに貼り付けて友人達におくると重たくなって迷惑だから、 あなたはホームページをもったほうがいいから、作ってあげました)というメールがきたのでした。自分の描いた絵が、 きれいにレイアウトされたページをみせてもらって、驚いたのはわたしのほうでした。ご縁を喜んで、夢中で一年間必死で頑張りましたが、 つかれてひとやすみさせてもらったのでした。  しばらくやすんでいたら、またドラッグ絵を描きたくなりました。 一休みしたことが却ってよかったのか、もっといっぱい描きたくなって、 たくさんの絵がたまってきたのでした。 ある日仲良しのワイルドライフアーティストの岡本正尹画伯が、(たーちゃんのホームページをぼくが作ってあげる。絵のことは、 ぼくが専門だから、任しておきや!!)って言ってくださって・・・・・。びっくりした事に、たーちゃんドットコムのドメインまでも取得できて・・・。 またまた、たーちゃんのドラッグ絵が願ってもみなかったこんな素晴らしい形で再び皆様に見ていただく事のご縁をさずかることになったのでした。
降って沸いたような度重なるご縁に驚いているわたしです。こんどは(あせらずにゆっくりやったらええんやで・・・。)って言ってくださいますので、 主人の看病、老母の介護をしながらの不自由な身なので、無理なくすこしずつ充実させていく事が出来たらばと願っています。 どうかよろしくお願いいたします。